ウォーターサーバーの水をいつでも持ち出せるように

ウォーターサーバーの水は主に12リットル入りボトルが採用されているため災害時、水を外に持ち出すのは重くて難しいかと思います。それにサーバーに設置しないと使えないボトルも多いので水容器だけで使えないことも考えられます。

単に災害時用の「水の備蓄」という点ではウォータサーバーの水が手元にあるってだけで心強いものですが、「いざその水を持って逃げる」とか「サーバーが使えず水ボトルだけ残った」となることも想定しておかなければなりません。

 

【対策】

ウォーターサーバーの水を持ち運びできるペットボトルにためて災害用の備蓄とする!

 

これが一番手っ取り早いです。安心安全な水であることは間違いないので、その水を賞味期限に注意しながら定期的に消費して中身を入れ替える!こういう水の使い方をすれば、いざという時でも新鮮で安心安全な水を使うことができます。

 

このようにウォーターサーバーの水をボトルのまま備蓄用とするより、ペットボトルなど持ち出しやすい物に詰め変えて備蓄用しておくことをオススメします。

 

水の賞味期限に要注意

水にも賞味期限があるので備蓄用の水は特に賞味期限に注意しましょう。使う時になって腐っていたのでは飲み水としては使えません。

 

ウォーターサーバーの水にもそれぞれ賞味期限が設けられています。なので備蓄用の水も定期的に使って中身を入れ替える必要があります。

 

このことからウォーターサーバーの水を「備蓄用」として2,3本のボトルを常にキープしている場合は、キープ用はいつでも一番新しいボトルとし古いボトルから水を使うよう心がけましょう。

 

そうすることで賞味期限を気にすることなく常に新鮮で美味しい一定量の水を備蓄しておくことができます。万が一水が足りなくなりそうなら、ほとんどの会社で水の追加注文を受け付けているので早めに追加注文するようにしましょう。

 

ちなみに日頃、自宅のサーバーの水をペットボトルに詰めて持ち歩けば、外出先での飲料水代の節約になもなるのでオススメです。

Sponsored Links