ウォーターサーバーの詳細仕様

ウォーターサーバーの詳細仕様は各社HPにサイズやサーバーの特徴などが詳しく書かれていますが、簡単に言うとサーバーの上部に水が入った入れ物を設置すると、サーバー内部で温水と冷水それぞれのタンクに水が流れ飲料、料理などに使う水を給水できる機器のことをウォーターサーバーと言います。

ウォーターサーバーの詳細
海外ではディスペンサーと呼ばれている
床置きタイプと卓上とがありロングとショートの2種類から選べる
ロングタイプ…リビングやオフィスに置くのに最適
ショートタイプ…台所や机の上に置くのに最適
冷水の温度…一般に5度前後
温水の温度…一般に90度前後

【ウォーターサーバー使用時の注意】
ロングタイプとショートタイプとではサーバー内の水を溜めるタンクの容量が違います。そのため一度に多量の水を使う時ロングタイプなら問題ないかと思いますが、ショートタイプの場合は容量が小さいため水の温度が変わりやすいため注意が必要です。

次にサーバーと水容器を合わせた重量にも注意が必要です。卓上の場合、テーブルの上などに置く時は、サーバーと水をセットした状態で30キロ前後の重量になることを考慮しなければなりません。

【子供の安全対策にチャイルドロック】
やんちゃ盛りの小さなお子さんがいるなら子供の安全対策に湯水側の蛇口にチャイルドロックが標準装備されている仕様のウォーターサーバーがオススメです。冷水の方は希望者に有料でチャイルドロックをつけてくれます。

【常温で使用するのはNG】
ウォーターサーバーは冷水と温水の両方が使える状態にあって衛生を保つ仕様になっているので、常温で使えるサーバー以外は必ず正しい使い方をしましょう。

常温で使用するとサーバー内で雑菌が繁殖し、修理が必要になれば自腹で重いがけず大きな出費になるため要注意です。

【電気代を節約したいなら省エネサーバー】
省エネ設計のサーバーを選ぶと電気代を節約できます。最近では省エネサーバーが続々と増えてきました。各社で「消費電力を最大○%カット」のように商品紹介しているのでサーバーの電気代が気になる人は省エネサーバーを選ぶといいでしょう。

ウォーターサーバーの詳細ポイント

ウォーターサーバーを利用する前にサーバーの詳細を把握しておきましょう。

  • レンタル料・・・無料~
  • サイズ・・・床置きのロングタイプと卓上のショートタイプでそれぞれ異なる
  • チャイルドロック・・・湯水側には多くが標準装備されている
  • ウォーターセーフ・・・水が入ったボトルを逆さまにしても水漏れの心配無し
  • 停電時・・・停電時もサーバーは使える
  • エアフィルター・・・ボトル内に入る空気を通すフィルター
サーバー正面
冷水コック
温水コック…チャイルドロック付きを選ぶ
水受け…出来れば取り外して丸洗いできるものを選ぶ
飲みごろサイン
サーバー背面
ウォーターセーフ
冷水タンクの水を抜く栓
温水タンクの水を抜く栓
コンプレッサ
電源スイッチ
放熱板
コンプレッサー

最近では独自に開発した新型のサーバーも登場しているので各社で、

  • 安全性
  • 衛生面
  • 使い勝手
  • 電気代
  • 利便性
  • 耐震性

などを参考にサーバー比較してみて自分に合ったサーバーを選ぶのがオススメです。