ウォータサーバーの水の性質

ウォーターサーバーの水の性質には2種類あります。

RO水
デザインウォーターとも言う
天然水
ナチュラルミネラルウォーターとも言う

どちらが人気かと問われれば、

美容と健康維持を目的とする人
ミネラル豊富な天然水を好む
赤ちゃんのミルクやペットに与えることを目的とする人
ミルク作り、犬や猫に与える水を求める人はRO水を好む

このように水の用途によって好みが分かれるので人それぞれです。それでもやはり日頃から不足しがちなミネラル成分を手軽に補給できるとあって、天然水の方が人気が高めのようです。

但し天然水は水の種類によって味や口当たりが独特なので水のクセが気になる人もいれば、持病持ちでミネラルとの相性が悪い人などもいるため、気になる人は医師に相談してみると良いでしょう。

これに対しRO水は水に不純物が含まれておらず味にクセがないため飲み易い上、安全性も高く水の値段が天然水より安くて済むため、こちらも人気があります。

また人工的にミネラル成分が添加されたものは、ミネラルバランスが理想的な割合で配合され体への吸収性にも優れているためオススメです。

このようにウォーターサーバーで扱う各種水の性質の良し悪しは、

  • 水の用途
  • 味の好み
  • 赤ちゃん、子供、大人、高齢者、ペットなど誰が飲むか

などによって人により基準が変わってきます。

水の性質を詳しく知りたいなら「pH値」に注目

市販されている水の成分表示をチェックすると「pH値」という項目があります。読み方は、「ペーハー」あるいは「ピーエッチ」です。

水のpH値とは
体内に水が入った時にアルカリ性と酸性のどちらになるかの度合いを示したもの
ちなみに水の硬度とは全く無関係
数値は0~14まであり0に近いほど酸性、7が中性、14に近いほどアルカリ性となる
酸性の味・・・少し酸っぱさがある
アルカリ性の味・・・少し苦味がある

そこでウォーターサーバーの水のpH値はというと、主に各採水地によって区分することができます。

  • 大分日田の水・・・7.7
  • 熊本阿蘇山・・・7.2
  • 京都三岳山麓の水・・・6.6~7.2
  • 富士バナジウム水・・・7.9~8.3
  • 三重県大台ケ原の水・・・8.2

それぞれこのようになります。

ウォーターサーバーの水の選び方

水は用途に合わせて選びましょう!

例えば赤ちゃんのミルク作りにはRO水、大人の美容と健康維持目的なら天然水、ミネラル補給目的ならバナジウムやカルシウムが豊富な水など、自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

後はRO水と天然水とで水の値段が変わってくるので、水代を安くしたいならRO水、水代よりも成分やボトルの衛生面にこだわるなら天然水など、価格比較もしてみるといいでしょう。