ウォーターサーバーワンウェイタイプのデメリット

ウォーターサーバーワンウェイタイプのデメリットととして挙げられるのは、

  • 資源ごみとしてゴミの分別を正しく行う必要がある
  • ゴミの回収日とタイミングが合わなければ自分で収集所に持っていく手間がかかる
  • ボトルの値段が上乗せされるため水代の単価が比較的高くなる

などが挙げられます。

次世代型ウォーターサーバーについて

最近ウォーターサーバーのサイトをチェックしていると、次世代型ウォーターサーバーという言葉を目にする機会が多くなりました。そんな次世代型ウォーターサーバーとは?その特徴は次になります。

【次世代型ウォーターサーバーの特徴】
サーバーの衛生面や安全性を考慮する場合に一つの目安となります。

  • 特徴その1…無菌エアーシステムを搭載

水が入った容器は水の残量と共に小さくつぶれていくことで、容器内に空気が入らないことから容器内の水の衛生が保たれます。また空容器は小さく折り畳んで資源ごみとして家庭で処理できるので保管場所にも困りません。

  • 特徴その2…サーバーのメンテナンスが不要

ウォーターサーバーのメンテナンスは今まで必須とされてきましたが、特許取得の安心設計(抗菌ウォーターガードなど)によりサーバーのメンテナンスが不要で長期に渡り衛生が保たれます。。

  • 特徴その3…採水地、水を容器に詰める、発送が一つの場所で行われる

発送当日に採水した水を衛生管理が徹底された設備の中で容器に詰め、その場で発送まで行う「One Way」(ワンウェイ)式で安心安全な水を提供します。

そんな次世代型ウォーターサーバーを提供する会社は増えてきましたが、各社それぞれで比較対象となるはずの、

  • サーバーの機能
  • 採水地
  • 水の種類
  • 水代

これらに違いが見られません。

そのため次世代型ウォーターサーバーを基準に会社を選ぶなら、新規の入会特典など他社では行われていないお得なサービスなどで比較してみることをオススメします。

【次世代型ウォーターサーバーを扱う会社】