ウォーターサーバーで提供される水

ウォーターサーバーで提供される水には主に、天然水RO水とがあります。

天然水について
分類・・・ナチュラルミネラルウォーター
処理法・・・ろ過、沈殿(除菌)、加熱殺菌

【加熱処理の場合】
天然ミネラルを含んでいますが加熱することで水の溶存酸素が失われることから、水本来のおいしさを味わえないため原水は特に問われません。

その代わり賞味期限は長く設定可能で、品質管理の手間もさほどかからないことから業者にとっては楽な処理法となります。

【非加熱処理の場合】
品質管理に手間と技術を要するだけあって、天然ミネラルと本来の水の美味しさを決定づける溶存酸素を含んだ天然水であることから原水は上質な水となります。

但し設備投資の費用は高額、賞味期限は加熱処理の場合に比べ短い、品質管理に手間がかかるといったデメリットがあります。

RO水について
分類・・・ボトルドウォーター
処理法・・・逆浸透膜(RO膜)処理をした後、ミネラル成分を添加
H2O(純水)に近い水にミネラルを人工的に添加した水のこと
採水地・・・問わず

RO水は採水地がどこでもよく水道水を使うことも可能なので多くのウォーターサーバー会社で採用し、銘水よりも水代が安く提供されています。

美味しい水選びにこだわるなら断然、非加熱殺菌による水がオススメです。

水の美味しさは溶存酸素値によって示されますが、加熱処理された水はこの溶存酸素が失われてしまいます。そのため水の美味しさで選ぶなら非加熱処理された水を選ぶのがオススメというわけです。

淡水魚と海水魚とRO水

淡水魚や海水魚を飼っている人でRO水を使っていいのか否かで悩んでいる人が多く見受けられます。

【RO水は海水魚にオススメ】
RO水は水に含まれるミネラルなどの不純物を除去したキレイな水なので、人口海水が溶けやすい為RO水が海水魚の水替えに適していると言えます。

但しスーパーなどで無料で配給されているRO水には、人口的にミネラルが添加されたものもあるので、成分をよくチェックしてから使用するようにしましょう。

【RO水は淡水魚には不適切】
淡水魚の多くは弱アルカリ性を好みますが、RO水は中性となるため水質が酸性に傾くまでに時間を要しません。つまり水道水に比べすぐ水が酸性になってしまうため、全ての水をRO水で交換するのはオススメできません。

このように人間以外のペットにもウォーターサーバーの水を使う予定があるなら、水は用途に応じて選ぶことをオススメします。