ウォーターサーバーのワンウェイ方式とは

ウォーターサーバーを利用すると水が入ってくる容器の形状や特性が各社でそれぞれ異なります。

例えば容器破損の心配がほとんどないワンウェイ方式もその内の一つです。

ワンウェイ方式とは
一回使いきりの使い捨てボトルのこと
容器が空になったら小さく畳んで家庭で資源ごみとして処理できる
リサイクル資源として処理された後は新たな資源となる
水の残量が減るに従って容器も小さくなっていくため容器の密封性が高い

ウォーターサーバーで提供されるワンウェイ方式は空容器の保管場所に困ることもないので、

  • 一ヶ月の水の消費量がそんなに多くない
  • 部屋や玄関が狭くて空ボトルの保管場所を確保できない
  • 水を届けてもらう時、毎回立ち会うのが難しい
  • 「1本からOK」や「好きな時に注文OK」とマイペースに注文できる

など、これらの人にオススメです。

ウォーターサーバーのリターナブル方式とは

ウォーターサーバーにはリターナブル方式というものもあります。

リターナブル方式とは
殺菌洗浄し再利用される丈夫な素材で作られたボトルのこと
空ボトルは水の宅配時に業者が回収
回収にくるまで空ボトルの保管場所が必要
ボトルの受け取りと回収が必要なため毎回立ち会わなければいけない
給水の度にボトル内に空気が入る

リターナブル方式はボトルが使い回しされたり、給水の度に空気がボトル内にボコボコと入るのが衛生面でどうしても気になってしまう人が多いようです。

そこでウォーターサーバーを検討される時ワンウェイ方式かリターナブル方式かで選ぶ場合、水とサーバーの衛生面を基準にする人が多いです。

でも実際には、いずれも高レベルの安全性が確保されているので、衛生面においても大差なし!と言えます。

ワンウェイ方式とリターナブル方式

「給水の度にボトル内に空気が入るか否か」で衛生面を比較する人がいますが、

ワンウェイ方式の場合
水が減ると共に容器も小さくなっていき最終的にゴミとして処分できる
容器内の密封性は高く容器破損の心配はほとんどない
水代が少し高くなる
リターナブル方式の場合
給水の度にボトル内にボコボコと空気が入る
ボトル内に入る空気はフィルターを通すため雑菌などは除去されている
水代が他社に比べ安いので水の消費量が多い人にオススメ

それぞれこのようになります。いずれも衛生面と安全性で比較すると大差ありません。

ただ水代で比較した場合、リターナブル方式の方が安くなる傾向があります。そのため一ヶ月の水の消費量が多い人にオススメです。

このように、それぞれを比較する時は水代も比較対象にしてみるといいでしょう。