ウォーターサーバーの選び方のポイント

一人暮らしになると飲み水にかかる費用は思った以上に大きな出費になります。例えば仕事で昼食時に、休日には友人と遊びに行った先で、家ではお店から買ってきた水やジュースなど。

 

そこで一ヶ月にかかる飲料水代を計算してみたことはあるでしょうか?

 

実際に一人暮らしをしている人の話では水道代を含まず、食費と飲料水代だけで15000円〜30000円かかると言います。

 

更に飲み水の全てを店から買っている人は飲み水代だけで1ヶ月かなりの出費になっているはずです。

 

そんな人はもしかしたらウォーターサーバーを利用した方がコスト面で水代を節約できるかもしれませんよ。

【ウォーターサーバーの価格をチェック】

ウォーターサーバーの水の500ml当たりの単価をチェックしてみましょう。各会社で扱っている水の種類と水の値段が異なるため、気になる会社があったら水の単価を割り出して普段お店で買う水代と1ヶ月でどちらが安いか比べてみましょう。

 

【1ヶ月にかかる金額をチェック】

サーバーのレンタル料やメンテナンス料、水代、送料などウォーターサーバーを利用したと仮定して1ヶ月にトータルでかかる最低金額をチェックしてみましょう。

 

安ければ維持費が水代だけで12リットル入りボトル×2本で3900円代からOKなところもあります。

 

会社によって「水代のみの支払いでOKで後は全部無料」というところもあり、こういう会社は1ヶ月間で水の消費が多い人にオススメです。

 

逆に水をあまり消費しないのに水代以外で費用が発生するならウォーターサーバーを利用する方が損になる場合もあります。

 

【無料でウォーターサーバーを体験してみる】

決められた期間内だけ無料でウォーターサーバーを実際に体験できるサービスを提供している会社もあるため、初めてウォーターサーバーを利用するなら本契約の前に実際に使ってみて、

 

  • サーバーの使い勝手
  • サーバーの利便性
  • サーバーの設置場所
  • 水を消費するペース
  • 水容器の置き場所
  • 水の味

 

など自分が気になる点を直接チェックしてみましょう。小さなお子さんがいるならウォーターサーバーの安全性もその目で確認できます。

 

【水注文のノルマの有無をチェック】

一人暮らしなどで水の消費がそんなに多くないならウォーターサーバーはノルマなしの会社がオススメです。逆に水の消費が多いならノルマありでも問題ないでしょう。

 

とは言え水の消費が多い少ないにかかわらず、いつでも好きな時に注文できる会社の方が融通が利くのでオススメです。

 

1ヶ月で水をどれだけ消費するかでノルマの有無が自分にとってハンデとなるかどうかをチェックしてみましょう。

 

もしノルマ有りの会社を選ぶ場合は、途中で注文をストップできるところを選ぶのがオススメです。ちなみに注文ノルマのない会社には例えば次があります。

 

 

 

 

 

 

【支払方法をチェック】

ウォーターサーバーを利用する際の支払い方法は口座自動振替かクレジットカードで支払うことになります。また会社によって、初回と2回目以降の支払い方法が違うところもあるので予めチェックしておきましょう。

 

【宅配地域をチェック】

水の宅配可能地域が限定されている会社もあるため事前にチェックしておきましょう。

Sponsored Links