電気ケトルと省電力サーバー

電気ケトルの「ケトル」とは「やかん」を意味するので、電気ケトルとは電気式のやかんのことです。

ウォーターサーバーと電気ケトルとで電気代を比較すると、

電気ケトルの消費電力
約1000ワット~1200ワット
500mlの水を約3分かけて沸騰させた場合、約0.05kwh
0.05kwh×1時間当たりの消費電力で計算すると電気代が算出される
保温機能付きなら保温時に更に40ワット~50ワットを要する

電気ケトルは短時間で水をお湯にするため電子レンジと同じくらい消費電力が大きくなります。

これに対しウォーターサーバーは1日中電源を入れっぱなしで温水と冷水の両方を使えて一ヶ月当たりの電気代はどの会社も約1000円程度なので、電気ケトルで一々お湯を沸かして電気代をかけるよりもお得です。

更に最近のウォーターサーバーには省電力サーバーでミネラルウォーターを自宅で楽しめるものも続々と登場してきました。

例えば次の会社が省電力サーバーを提供しています。

アクアクララ
一ヶ月の電気代の平均・・・約350円
※使用状況により変動
※今までのサーバーの消費電力に比べ最大65%お得
クリクラ
一ヶ月の電気代の平均・・・約700円
クリクラ省エネサーバーSの場合・・・約500円
※月4本程度の水を消費した場合
※使用状況により変動
Mizの樹
一ヶ月の電気代の平均・・・約519円
※一ヶ月で40リットルの水を消費した場合
※Mizの樹 Eco P2 ウォーターサーバーの場合
ダスキンの天然水
一ヶ月の電気代の平均・・・約632円
※スプラッシュサーバー冷温タイプ標準使用の場合
※省エネモード12時間使用の場合は約563円
東日本エア.ウォーターエネルギー株式会社
一ヶ月の電気代の平均・・・約765円
※ECO機能付ウォーターサーバーの場合

このように省エネサーバーを提供する会社もあるので、ウォーターサーバーの電気代が気になる人は上記のような会社を利用すると節電することができます。